Home About

トビラシステムズ株式会社様へインタビュー!「明田社長のTEDxNagoyaUをサポートする思いとは!?」

作成日時: 2020/09/16

代表取締役社長 明田篤

1984年にアメリカで設立されたTED「価値あるアイデアを広める(Ideas worth spreading)」の精神に基づき、名古屋大学でTEDxイベントを開催しようと、2013年度に誕生したTEDxNagoyaU。

今回は、今年の開催からTEDxNagoyaUをサポートしてくださるトビラシステムズ株式会社様(以下、トビラシステムズ様)の代表取締役社長である明田様に、TEDxNagoyaU 2020の開催に先立ち、お話を伺いました!

トビラシステムズ株式会社

企業ロゴ

ホームページ Twitter Facebook Wantedly

私たちはテクノロジーで社会課題の解決に挑みます。特殊詐欺撲滅を目指し、電話やメールによる犯罪を防止する「迷惑情報フィルター事業」を行う国内随一の企業です。独自のアルゴリズムを用いた調査に加え、警察からの情報提供も受けており、高品質な迷惑情報データベースを構築。固定電話、法人電話、モバイルサービス向けに展開し、現在サービス利用者は約1000万人に上ります。

TEDxNagoyaUをサポートし続けてくださる理由とは?

TEDxNagoyaU: TEDxNagoyaUのパートナーとしてサポートをしていただき、ありがとうございます!ずばり、なぜこうしてサポートをしていただけるのでしょうか?

トビラシステムズ様:TEDxNagoyaUは、学生から社会人まで多くの人々を巻き込み、様々な形の「価値あるアイデア」に触れられる、とてもユニークなイベントだと思います。私たちが大切にしている企業の行動指針の一つに、「素晴らしい未来を想像し、失敗を恐れず変化を続け、常識を疑いあるべき形を追求する」というものがあります。これからの未来を担う若い皆さんが失敗を恐れずに挑戦する姿には、共感せざるを得ません!

名古屋にはTEDxNagoyaU運営の皆さんのように、志高くアクティブな学生の方がたくさんいると思います。私たちは名古屋の企業として、熱い思いを持つ学生の方を応援し、一緒に地元を盛り上げていけるサポーターとなれたらと考えています。

TEDxNagoyaU:オンライン開催となり、新たな挑戦をしているTEDxNagoyaUへの期待を、ぜひこの機会に教えてください!

トビラシステムズ様:今年で8回目の開催、そして毎回多くのの学生の方が参加されているということで、非常にエネルギーのあるイベントだと思います。名古屋を代表するイベントになる日も近いのではないでしょうか。今後どんな驚くべきアイデアが生み出されてくるのか、楽しみです。

オフィスの様子

トビラシステムズ様の目指す姿とは??

TEDxNagoyaU:今年のTEDxNagoyaU 2020のテーマは「Steer Your Ship!」(意味は「舵をとれ」)ですが、トビラシステムズ様の目指すべき、ありたい姿とは何ですか?

トビラシステムズ様:実は、私も会社をよく船に例えることがあります。「会社という大きな船に乗って、皆で前進していこう!」という思いがあります。だから今回TEDxNagoyaUのテーマを聞いた時、何か不思議な縁を感じました。
現在の私たちの生活は、人々が何百年に渡って生み出してきた様々な素晴らしいモノやアイデアのおかげで成り立っています。私たちも同じように、100年後の未来にもなくてはならない存在、社会を支えられるインフラのような存在になれるよう、サービスの開発に取り組んでいます。

オフィス概観

TEDxNagoyaU:それでは最後に、TEDxNagoyaUイベントの参加者の皆様に、メッセージをいただきたいです!

トビラシステムズ様:今年はコロナウイルスの影響で例年とは異なりオンライン開催となりますが、閉塞感のあるこんな時期だからこそ、希望に満ちた素晴らしいアイデアを求めている人は多いのではないでしょうか。TEDxNagoyaUはそれに相応しいイベントだと思います。この機会にサポーターとして参加できることは私たちにとっても非常に光栄です。皆さん一緒に楽しみましょう!

TEDxNagoyaU:今回はトビラシステムズ様にお話を伺い、たくさんの熱いお言葉をいただけました。ありがとうございました!

新たなアイデアに出会えるTEDxNagoyaU イベント。今年のイベントもパートナー企業の皆さまのご支援により成り立っております。

皆さまからのご期待にお応えできるよう、運営一同、精一杯作り上げていきますので、乞うご期待ください!

関連記事