Home About

株式会社ニッショー様へインタビュー!「ニッショー様がTEDxNagoyaUへ協賛していただけるワケとは!?」

作成日時: 2020/09/23

株式会社ニッショー

1984年にアメリカで設立されたTED「価値あるアイデアを広める(Ideas worth spreading)」の精神に基づき、名古屋大学でTEDxイベントを開催しようと2013年度に誕生したTEDxNagoyaU。

今回は、今年の開催からTEDxNagoyaUをサポートしてくださる株式会社ニッショー様(以下、ニッショー様)に、TEDxNagoyaU 2020の開催に先立ち、お話をお伺いしました!

株式会社ニッショー

企業ロゴ

ニッショーは1972年の創業から49周年を迎え、東海地区の賃貸住宅仲介会社の“第一人者”として、 現在、愛知・岐阜・三重県下101ヵ所(2020年5月現在)に営業拠点を展開するとともに、 物件情報を「ニッショー.jp」を通じて提供。厚い信頼、豊富なノウハウなど、どこにも負けない実績があります。物件のご紹介だけでなく、 宅地建物総合管理、退去立合、営繕、損害保険代理業務など、総合不動産流通業として、トータルパワーであらゆるニーズにお応えしています。
ホームページ
Twitter

TEDxNagoyaUをサポートしていただいている理由とは?

TEDxNagoyaU:今年よりTEDxNagoyaUのパートナーとしてサポートしていただき、ありがとうございます!ずばり、なぜこうしてサポートをしていただけるのでしょうか?

ニッショー様:ニッショーグループは愛知・岐阜・三重を拠点として賃貸住宅にまつわるサービスを提供しています。これまでの歴史の中で恐らく名古屋大学をはじめ名古屋周辺大学の新入生のお部屋探しを10万件近くお手伝いしていると思います。 地域密着企業として入学をきっかけに名古屋に来られた学生さんが「TEDxNagoyaU」を通じ地元の繋がりを大切に情報発信されていることを嬉しく思いサポートさせていただきました。

TEDxNagoyaU:ありがとうございます!TEDxNagoyaUのイベントでは参加者も登壇者も東海地方に住んでいる方が多いので、私たちも地元とのつながりを強く感じています!

ニッショー様と東海地方のつながり

TEDxNagoyaUへの期待

TEDxNagoyaU:今年のイベントはオンライン開催となりましたが、このように新たな挑戦をしているTEDxNagoyaUへの期待を、ぜひこの機会に教えてください!

ニッショー様:これまではイベント会場へ来られた参加者がメインの企画だったと思いますが、コロナ禍でのイベント実施に向けてオンライン開催という英断をくだされました。
私どももニューノーマルという考え方を受け入れて変化を果たさなければならないと考えています。若く、気力のある皆さんが想起されたアイデアは私たちに還元されよりよい生活環境の変化に繋がっていくことと思います。

TEDxNagoyaU:ありがとうございます!変化を受け入れ、他の場面でも生かすという期待を胸に頑張って参ります!

ニッショー様の目指すべきありたい姿

TEDxNagoyaU:今年のTEDxNagoyaU 2020のテーマは「Steer Your Ship!」(意味は「舵をとれ」)です。このテーマにちなんでニッショー様の目指すべき、ありたい姿とは何ですか?

ニッショー様:不動産業界はデジタル化が進まない業態の一つと言われていますが、2020年は図らずとも大きな変化と共に歩まねばならない年になりそうです。ソーシャルディスタンスやテレワークなど社会や顧客に求められるものに可能な限り近づけられるように、地域ナンバー1企業を目指して「Steer your Ship!」していきます!

TEDxNagoyaU:そのような取り組み、目指すべき姿は本当に素晴らしいと思います!

参加者の皆様へのメッセージ

TEDxNagoyaU:それでは最後に、TEDxNagoyaUイベントの参加者の皆様にメッセージをお願いします!

ニッショー様:これまではリアルで、そしてその場の空気感も含めて盛り上がるイベントでした。 しかし、これからは名古屋から全国へ、そして全世界へコンテンツ発信をすることで、今までとは違ったTEDxNagoyaUの世界観を作って行かれることと思います。 今回はその第1回オンライン開催の瞬間に立ち会えたことを喜び、画面の中と外で同じ熱い気持ちを共有して行きましょう!

TEDxNagoyaU:私たちも今までと違った形のイベント形式で参加者の気持ちを共有していけるように頑張って参ります! 本日はお忙しい中貴重なお話をありがとうございました!

ニッショーグループ

新たなアイデアに出会えるTEDxNagoyaU イベント。今年のイベントもパートナー企業の皆さまのご支援により成り立っております。 皆さまからのご期待にお応えできるよう、運営一同、精一杯作り上げていきますので、乞うご期待ください!

関連記事