Home About

株式会社情報工場様へインタビュー!書籍から生まれる新たな価値とは

作成日時: 2020/10/12

1984年にアメリカで設立されたTED「価値あるアイデアを広める(Ideas worth spreading)」の精神に基づき、名古屋大学でTEDxイベントを開催しようと、2013年度に誕生したTEDxNagoyaU。

今回は、TEDxNagoyaUオンラインイベントの開催に、今年度初のサポートをしてくださる、株式会社情報工場様(以下、情報工場様)に、TEDxNagoyaU 2020の開催に先立ち、お話をお伺いしました!

株式会社情報工場

株式会社情報工場 ロゴ

HP:https://joho-kojo.com
Twitter:https://twitter.com/Johokojo
FB:https://www.facebook.com/johokojo

情報工場様は、2005年の創業以来、広い視野と創造力を養うきっかけとして、ビジネス書から教養まで様々な分野から厳選した書籍のハイライトを10分程度で読めるダイジェストにして配信するサービス「SERENDIP( https://www.serendip.site )」を提供されています。

海外のビジネスパーソンの間で話題の書籍も日本語のダイジェストにし毎週配信するなど、国内外の良質な情報をピックアップし発信されており、現在では、上場企業の経営者、管理職など第一線のビジネスパーソンを中心に、8万人超の有料会員にご利用いただいています。

実は情報工場様は東京の企業!?

TEDxNagoyaU:初めまして!TEDxNagoyaUのパートナーとしてサポートしていただき、ありがとうございます。東京に本社を置く情報工場様ですが、ずばり、なぜ東海で活動するTEDxNagoyaUをサポートしていただけるのか理由を教えてください!

情報工場様:TEDxNagoyaUの参加者は、知的好奇心を強くお持ちで、1/4の方の参加理由が「視野を広げたい」と回答されていたのをお聞きし、私たち情報工場でお手伝い出来ることはないかなと思いました。私たちは、書籍ダイジェストを配信するサービス「SERENDIP」を運営していて、ビジネス書からテクノロジー、哲学や歴史などの教養分野まで、幅広いジャンルの本を10分程度で読めるダイジェストにして配信しています。「SERENDIP」は、良書との偶然の出会いによって、読者の視野が広がったり、新たな発想が生まれたりするきっかけ作りを行います。 まさに、知的好奇心を満たしてくれる一つである「読書」。是非皆さんの「視野を広げる」サポートをさせていただきたいと思いました。

書籍から始まる出会い

TEDxNagoyaU:TEDxNagoyaUでは、実際のスピーカーさんのトークを通じて、参加者の皆様にアイデアをお届けしますが、情報工場様は「書籍」を用いて、お客様に情報を届けていますよね!なぜ、「書籍」に焦点を当てていらっしゃるのですか?

情報工場様:ビジネスパーソンにとって、専門分野の情報はもちろん、一見仕事とは関係が薄そうな情報をインプットすることは、発想力や洞察力、感性を養うのにとても大事なことであり、一過性でない情報価値として、書籍の果たす役割は大きいと考えています。実際、国内外含めて第一線で活躍するビジネスリーダーの読書率は高いように感じます。

情報工場様の「Steer Your Ship!」とは?

TEDxNagoyaU:ではぜひ今年のTEDxNagoyaU2020のテーマ「Steer Your Ship!」(意味は「舵をとれ!」)にちなんで、様々な情報価値を提供されている情報工場様の目指すべきありたい姿を教えてください。

情報工場様:SERENDIPを通してユーザーの皆様が新しい気づきを得て、これからの社会で求められる新たな価値やイノベーションが創出されるサポートができればうれしく思います。 情報工場としての将来ビジョンとしては、書籍だけでなく様々なジャンルで、「新しい価値を創る気づき」を提供するサービスを展開していきたいと考えています。

TEDxNagoyaU:それでは最後に、TEDxNagoyaUイベントの参加者の皆様に、メッセージをいただけないでしょうか?

情報工場様:今年は、新型コロナウィルスの感染防止のためオンライン開催のみとなってしまい残念ではありますが、新しい取り組みは「新たな発見」が得られるチャンスでもあると思います。 情報工場 社員一同、楽しみにしています!

TEDxNagoyaU:改めて情報工場様、この度はインタビューにご回答いただき誠にありがとうございました!これからの社会で求められる新たな価値づくりに、私たちも尽力して参ります。

新たなアイデアに出会えるTEDxNagoyaU 2020イベント。今年のイベントもパートナー企業の皆さまのご支援により成り立っております。

皆さまからのご期待にお応えできるよう、運営一同、精一杯作り上げていきますので、乞うご期待ください!

関連記事