Home About Event

TEDxNagoyaU 代表 上田蓮インタビュー

作成日時: 2020/09/05

TEDxNagoyaU 2020のテーマ

TEDxNagoyaU 2020のテーマは「Steer Your Ship!」に決まりました。これに込められた意味や、このテーマの決定に至るまでの詳しい話をTEDxNagoyaUの代表である上田蓮にメンバーの高屋がインタビューしました。

インタビューの様子

「新たな船出の日」をめざして

高屋:TEDxNagoyaU 2020のテーマは「Steer Your Ship!」に決まりましたが、なぜこのようなテーマにしたのか、経緯や裏話を教えてください。

上田:今年のテーマを「Steer Your Ship!」に決めた理由は、「新たな世界や自分と触れあってもらうことによって、一歩踏み出したい人の背中を押したい」と思ったからです。その背景としては、(自分自身の)ある一つの課題感と、ある一つのワクワクした経験の2つがあります。 その課題感というのは、僕が大学に入ってから感じていた、「どこか毎日つまんなそうな、だるそうな雰囲気漂ってるな」とか、「厳しい受験を乗り越えてきたはいいけど何かが違うな」という違和感のことです。 でも、2019年度のTEDxNagoyaUに運営側として参加した時に自分が体感した、イベントのエネルギーが今でも忘れられなくて。エネルギーがあれば、なんかつまんなそうな日常がちょっと楽しみな日常に変わるんじゃないかな、という期待というか、「ワクワク」を感じました。 だったら今年の2020年のイベントでも、お客様がアイデアを聞いて、それを通して自分が知らなかった世界や、自分が知らなかった自分と向き合う事によってちょっとワクワクして、「明日から、または、今からでもこれをやってみようかな」とワクワクできる瞬間に出会ってほしい、と。それこそ自分で舵を取るきっかけに、新たな船出の日にしてほしいと思ったので、テーマを「Steer Your Ship!」にしました。

高屋:参加者にトークを通して何か背中を後押しできるような経験を提供するということですね。

上田:そうですね。一つ目は新たな世界、自分との出会い。もう一つは、その出会いによる「明日がちょっと楽しみになる」というワクワクそのものを提供できると思ってます。

オンラインならではの経験

高屋:今年のTEDxNagoya U 2020はオンライン開催となったのですが、これまではオフライン開催でしたよね。オンラインで開催するからこそ得られる新しい経験や、オンライン形式ならではの長所としては、どのようなものがあるのか教えてください。

上田:オンライン開催になった長所としては、参加者同士で交流する時間に全国の参加者と交流できるので、自分がトークを見て得た学びを、全く別の角度から深め合うことができる、という点だと思っています。 前提として僕らのイベントは、2つの企画で構成されています。1つ目はスピーカーのトークを見る”トークセッション”、2つ目はそのトークを見た上でスピーカーさんや他の参加者と交流できる”ブレイクタイム”です。特にブレイクタイムでは、やはりオフラインだと(交流する相手が)名古屋・愛知近辺の人だったり、自分達の知り合いが多かったと思います。しかし、オンラインになるからこそ、所属も、それまでの経験も文化も価値観も全く違う人と交流できるようになります。同じ”A”というアイデアを受け取ったのに、「この人全然考え方が違う!」とか、さらに新しい発見が出来るところが、オンラインならではの要素だと思っています。

TEDxNagoyaU だからこその強み

高屋:他のTEDxをやっている団体や大学と比較して、TEDxNagoyaUだからこその強みや他の団体との違いというのは、何だと思われますか。

上田:強みとしては、メンバー内にいろいろな視点を持った人が多いことが挙げられると思っています。その強みは何からくるかと言うと、1つ目は、名古屋大学だけじゃなく周辺のいろいろな大学の学生が運営に参加してくれている、ということだと思います。やはり名古屋大学(の学生)が中心ではあるけど、外から見た価値観だったり、意見だったりというのがちゃんと入ってくるので、視野が広い考え方ができると思っています。 2つ目は、名古屋大学にある様々な学部の人たちが参加している点ですね。その時点で、一個のトークを見ても、(メンバーそれぞれが持つ)前提知識や学んでることが全然違うから、全く異なったアイデア・意見がたくさん出てきて、ディスカッション自体がとても多様なものになるんですよね。総じて、組織が価値観の多様性で溢れてるところ、それが他にはない僕らの強みだと思います。

参加してくださる方々へ

高屋:いろいろな参加者の方々が期待をもってこのイベントに参加してくださると思うのですが、最後に、そのような方々に代表としてメッセージをお願いします。

上田:まず1つは、このようにオンライン化した分、色々な手間が省けて家に居てもチャンスを掴みやすくなってることが、今この状況での絶対的な良い点だと思っています。 「自分の家がイベント会場になる」という利点を活かし、これを機に僕らのイベントに飛び込んで、そこからまた新たな世界に飛び込んでみてください。当日は6人のスピーカーが登壇するのですが、その6人のスピーカーのアイデアを聞くだけでも、絶対にかけがえのない経験になると思います。そしてそのトークを聞いた上で、色々な人と(トークについて)シェアしたり意見交換をして、自分の意見を深められることにもとても価値があると思うので、オンラインならではの機会を逃さずに参加していただけたらと思います。

関連記事